育毛活動でコンプレックスを払拭~男のPrideを取り戻せ~

脱毛症に有効な成分

AGAの症状と治療薬の今後

AGAとは男性型脱毛症のことで、髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちてしまうのが主な症状で、これにより頭頂部や生え際が薄く見えてしまいます。 現在、AGA治療で最も使用される薬と言えば、プロペシアです。プロペシアはすでに世界60カ国以上で承認されている薬で、日本でも2005年から発売が開始されるようになり、AGA治療の際に、医師から処方されるようになりました。 プロペシアの有効成分はフィナステリドで、これがAGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果があり、これにより、AGAを改善し、太く長い毛を成長させ、薄毛を改善します。 現在プロペシアには医療保険の適用は認められていないため、価格が高額になる傾向があります。ただし、プロペシアの特許は2019年に切れるため、それ以降になると、低価格のジェネリック医薬品が発売される可能性は高まると言えます。今後に注目しましょう。

個人輸入のジェネリック医薬品という選択

プロペシアの特許は2019年に切れますが、すぐに、低価格な同成分の薬を、医師が処方してくれるとは限りません。また、AGAは治療の開始が早ければ早いほど効果が見られると言われているので、2019年まで待てないと言う人は多いと思われます。 そういった方に利用してもらいたいのが、個人輸入の販売店での、AGA治療薬の購入です。個人輸入であれば、すでにプロペシアと同成分の薬が、低価格で販売されていますので、こちらを利用すれば、すぐに治療が開始できます。 個人輸入のAGA治療薬はインターネットで簡単に購入できますが、医師の診断を受けられないというデメリットもあります。それぞれのメリット、デメリットをよく考慮した上で利用するようにしましょう。