育毛活動でコンプレックスを払拭~男のPrideを取り戻せ~

薄毛治療の歴史

AGAと薄毛治療の歴史

日本人男性の三分の一がAGA(男性型脱毛症)の症状があると言われています。そのため、最近はAGA治療ができるAGA外来があるクリニックが沢山あります。 そもろも薄毛治療の歴史はとても古く、約5000年前のエジプトではすでに薄毛のために育毛剤を使う習慣があったそうです。その頃はやしの実やロバの肉などが育毛剤として使用されていたそうです。 時は移って中世ヨーロッパの時代になると薄毛治療ではなくかつらが流行しました。ルイ13世がかつらをかぶったことでかつらは貴族の正装として広まったのです。日本でも室町時代には薄毛治療があったと言われています。ちなみに「植毛」という技術が開発したのは日本人です。日本は今では薄毛治療技術で世界の最先端を走っています。

今後の薄毛治療の予測

AGAという言葉は昔からありましたが、よく聞くようになったのは最近のことです。それは2005年の厚生労働省がプロペシアというAGA治療薬を認可したことがきっかけとなっています。プロペシアはアメリカメルク社が開発した治療薬で、もともとは男性の前立腺肥大の治療薬でした。それからさらに研究が進み、男性の薄毛の特効薬として商品化されました。アメリカでは1997年にAGA治療薬として認可されています。 それ以降、薄毛に絶大な効果があるプロペシアの評判が広まり、同時にAGA治療、AGAに効くシャンプーやトリートメントなどが盛んに宣伝されるようになりました。 今でもどんどん薄毛に効果がある成分や技術が開発されています。これからますますAGA治療ができると謳った商品が身近なものになっていきそうです。